りんごは、果物の中でも…

りんごは、果物の中でも、最も身近で馴染みの深いものではないかと思います。みかんと並ぶ親しみやすさです。ごはんの後、りんごを切ってくれて食べるというのが、私の子供の頃の日常でした。ふじと王林が定番でした。当たり前のように常備されていたりんご。でも親となった今、毎日は子供に食べさせてあげられていないなって思います。財政面の問題でです。当たり前のようにりんごがある家庭は、実は現代では少ないのかもしれません。りんごは決して安くはなく、贅沢品まではいかないかもしれないけど、やはり贅沢分野に入ると思います。
子供の頃、熱が出たときにも、やはりりんごが登場します。食欲がなくてごはんは食べれないぐらいの高熱のとき、親はとても優しくなります。りんごをすりおろしてくれるのです。すりおろしのりんごを絞ってジュースにしてくれる。あれは本当に美味しくて元気が出ます。今思ってもあれほどの贅沢はないですね。りんごは高熱の弱った身体にもとても優しいくだものです。吐き気などを引き起こしにくいと思います。風を引いたらりんご。これは私の中の当たり前で、これは我が子が発熱した時にはやってます。やはり子供は喜びます。
りんごはお弁当の果物たしてもやはり定番です。りんごの皮をウサギの耳に見立てて切るウサギのりんごは、私が子供の時にも定番で、今でも子供にもしてます。
りんごは、たくさんの果物があるなかで、たえず上位をキープしているすごい果物だと思います。高級すぎないから誰でも手に届く果物で、りんごを嫌いな人は少ない。多くの日本人に愛されている不動の地位に君臨し続けているし、これからもきっと続くんだと思います。
個人的にはりんごを果物として食べるのも好きですが、アップルパイなど加熱して加工したりんごも大好きです。生のりんごとは違った美味しさがあります。食感が柔らかく、濃縮された美味しさを感じます。アップルパイだけでなく、例えば火を通したりんごの入った菓子パンも美味しいです。シナモンとの相性も抜群です。
食べ方いろいろありますが、りんごは本当に私の人生の一部と言ってもいいぐらい、関わりの深い果物です。
青森りんご 格安

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です