やりくりもいろいろ!でも無理はダメ

「お金の管理」というやりくり
たとえ少なくても入ってきたお金の中で豊かな生活を送るためには必須のことです。
でも、「やりくり」と聞くとほとんどの人が「節約」と関hが得ることでしょう。
しかし、「やりくり」で一番重要なのは「予算内に抑える」ことではないでしょうか。
もちろん「節約」もとても重要な「やりくり」ですが、ぜひ「予算内に抑える」よいう「やりくり」にも目を向けてください。

時にはいくら「やりくり」を頑張っても赤字になることもあります。
でも、それはそれで仕方のないことなので、変異落ち込むことはありません。
その赤字は翌月埋めればいいだけなんです。
それが無理なら翌々月にでもかまいません。

しかし、毎月赤字が続くようなら生活スタイルを見直さなければなりません。
予算縦に何か無理はありませんか?
余裕のある予算を立てることが「やりくり」の肝なのです。
そのためにはやはり家計簿をつけることが必要になるでしょう。
どこに無理があるのか?
それを見極めるには家計簿が有効です。

自分が
「なにあに?」
「いくら?」
使ているのかは家計簿でしか分析できません。
家計簿は
・予算
・支出の記録
・残高
を書き込んでいきます。
まずは
入ってきたお金
使ったお金
残ったお金
から把握していきましょう。

もしかしたら、家計簿って結婚してからのものと考えていませんか?
実はそんなことは全然ありません。
むしうろ独身時代から家計簿はつけるべきなのです。
家族がいるファミリーと違って、シングルならつける家計簿はすごくシンプルになります。
家族のいるファミリーなら家計簿をつける項目は他修羅歳で大変です。
子供の教育費
家族の食費
医療費
人数が多い分、家計簿を付けるのも大変です。
それにくらべてシングルの独身時代なら、自分だけですから家計簿を付けるのはかなり楽なのです。
独身のシングルの状態でも家計簿をつけられないなら。、結婚して家族が出来てからでも無理なことになります。
さあ、今からでも遅くはありません。
家計簿をつけることにチャレンジしてみませんか?
サイン 作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です