正解がわからないからこそ仮説を立ててみる習慣が大事

ビジネスの現場では常に正解を見つけることなんてできません。
また同じ状況や条件というのもほぼありません。

だからこそ、いろいろな調査材料が集まってきたら、仮説を作らざる負えないのです。
「ああ、なればこうなったから・・・
 だから、ああなるんじゃないか?」
そんな確固たる検証ができていなくても仮説を立てて突き進むのです。

仮説というとなにか小難しいように感じますが、ようするに今現在分かっていることをつなぎ合わさせて新しいストーリーを作るいような感覚です。
それは時に「でっちあげ」とさえ言われるような突拍子のないものの時さえあるくらいです。

どうして仮説を立てて死後意図をすることが大事かというと、そもそも時間がないからです。
しっかいrとした検証を終わらせてからといっていてはライバル企業に先を越されるからです。
常に先手先手とダライバル企業を出し抜くためには、ある程度のフライングはやむなしです。

おおまかな仮説ができたのならそれに基づいて粛々と準備を進めていくのです、
ただしm、これは社運を賭けた大プロジェクトには要注意です、
最初はごくごく
小規模なレベルで進めていくことが大事です。
これはマーケティングの世界では「ドライテスト」とも呼ばれています。
小さな規模で実験してゆき、確信が獲れたのなら一気に商品化したり売り出しをかけるのです。

お客さんの好みなんて常に変化しています。
それを常に先取りしていくなんて不可能です、
たまたま、まぐれで当たったとしても二匹目三匹目のドジョウはいません。
だからこそ仮説を立ててお客さんに聞いてみることが大事です。

それには「仮説」を立てて実験してみるしかありません。
また石化鬱切り上げた仮説も正しくはなく間違ってい売ることも少なくありません。
だからこそい「仮説」は大胆で生尾まかな物でもかまわないのです。
いくつかの仮説を貯めひていくうりにだんだんと真実が見えてくるものなんです。

トケマッチの評判|形見の腕時計をレンタルに貸すといい小遣いになる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です