正解がわからないからこそ仮説を立ててみる習慣が大事

ビジネスの現場では常に正解を見つけることなんてできません。
また同じ状況や条件というのもほぼありません。

だからこそ、いろいろな調査材料が集まってきたら、仮説を作らざる負えないのです。
「ああ、なればこうなったから・・・
 だから、ああなるんじゃないか?」
そんな確固たる検証ができていなくても仮説を立てて突き進むのです。

仮説というとなにか小難しいように感じますが、ようするに今現在分かっていることをつなぎ合わさせて新しいストーリーを作るいような感覚です。
それは時に「でっちあげ」とさえ言われるような突拍子のないものの時さえあるくらいです。

どうして仮説を立てて死後意図をすることが大事かというと、そもそも時間がないからです。
しっかいrとした検証を終わらせてからといっていてはライバル企業に先を越されるからです。
常に先手先手とダライバル企業を出し抜くためには、ある程度のフライングはやむなしです。

おおまかな仮説ができたのならそれに基づいて粛々と準備を進めていくのです、
ただしm、これは社運を賭けた大プロジェクトには要注意です、
最初はごくごく
小規模なレベルで進めていくことが大事です。
これはマーケティングの世界では「ドライテスト」とも呼ばれています。
小さな規模で実験してゆき、確信が獲れたのなら一気に商品化したり売り出しをかけるのです。

お客さんの好みなんて常に変化しています。
それを常に先取りしていくなんて不可能です、
たまたま、まぐれで当たったとしても二匹目三匹目のドジョウはいません。
だからこそ仮説を立ててお客さんに聞いてみることが大事です。

それには「仮説」を立てて実験してみるしかありません。
また石化鬱切り上げた仮説も正しくはなく間違ってい売ることも少なくありません。
だからこそい「仮説」は大胆で生尾まかな物でもかまわないのです。
いくつかの仮説を貯めひていくうりにだんだんと真実が見えてくるものなんです。

トケマッチの評判|形見の腕時計をレンタルに貸すといい小遣いになる

常連客のつくお店には必ず名物店長がいるものだ

常連客がついているお店にはほぼ間違いなく名物店長や名物女将などキーパーソンがいるものです。
なぜならそんなにお店によって味は買わないことが多いからです。
確かに圧倒的に美味しい食事を出すお店も少なくありませんが、それは例外でしょう。

ラー^万絵や葉ラーメン
うどん屋はうどん
お好み焼き屋はお好み焼き
味や値段はさほど変わらないのに返上しているお店と閑古鳥が鳴いているお店が存在してしまいます。
その差はやっぱり常連客がいかについているかいないかでしょう。

私も
お好み焼きやならココ
うどん屋ならココ
ちょっとい杯飲みたくなったらこの居酒屋
大腿行く店は決まっていあmす。
まあ食べに行くというより、逢いに行くという感じです。

そんなお店には必ず声を気さくにかけてくれる店長や店員さんがいるのです。
それがいつから声をかけてくれるようになったのか?
ほとんど記憶はないのですが、気が付けば気さくに会話する関係になっていました。
とはいって、おそらくお店の人たちは私の名前などは知らないはずです。
ただ顔だけ覚えている程度です。

なにも私が特別扱いされているわけでもなく、他の客さんにも気さくに声をかけています。

しかしその距離感が絶妙なのです。
しつこい売り込みではなく
心地よいのです。

「おかわりいる?」
「今日 ●●が美味しいよ!食べてみる」
絶妙のタイミングで声をかけてくるので思わずしちゃうのです。

でも、稀にその名物店長や名物店員さんがいない時があります。
そんな時はお店の府に来も微妙に違うんですね。
時に辞めちゃったりすると途端にその店にも足が遠のきます。

たぶんその名物店長や名物女将や名物店員はその店の招き猫的存在なんしょうね、

飲食店ではそのお店の雰囲気や接客も味のひとつかもしれません。
別に毎日それほど美味しい物だけを食べたいわけじゃありませんからね。
もちろん不味かったらにdフォトいきませんが、ほどほどの味でも接客や府に気が良ければ通いたくなるのがお客の心情です。
ソラノメ 口コミ