親が危篤になったら親のキャッシュカードからお金を引き出しておけ

不謹慎なお話で恐縮ですが、親が危篤になったら
死亡⇒お通夜⇒お葬式
という流れになってしまいます。
もしもその危篤状態から持ち直したとしても遅かれ早かれそのこと待ち構えています。
あなやが親と離れて暮らして親の危篤を聞いて駆け付けたのなら、後悔しないためにも何日間は自宅には戻れない覚悟も必要でしょう。

そんな時にこんな話は縁起でもないのですがズバリ質問したいことは
葬式の費用は誰が負担しますか?
あるいは建て替えられるだけの余裕はありますか?

親がたとえ
「自分の葬式代くらい用意してある」
と生前にいつていても注意しなければいけないのは
銀行がその預金名義人の死亡を確認する即座にその口座は凍結されて引き出しも預け入れもできなくなります。
原則、預金口座の凍結が解除されるには相続人全員の戸籍や印鑑証などの必要書類を整えて所定の書類を提出しなければなりません。
それには時間がかかることも少なくありません。

また、
親がにぎやかなことを望んでいたから
子供にも対外的なメンツがあるから
と分不相応な盛大な襲う匹を上げたのはいいが、実際に親の預貯金が意外と少なくて兄弟同士でその負担でもめた
ということもあります。
ちょっとしたお葬式なら軽く数百万円というお金は飛んでいきます。
急にそんなお金は用意できない
という事態だけは避けなければなりません。
法的な意味合いではちょっといくら親でも子供が勝手に引き出すいことは違法といえるかもしれませんが、事情が事情だけでそんなことも言ってはいられません。

親が来時になったのなら親の伽sh巣カードを使って葬式費用くらいは引き出しておく方が賢明でしょう。
もちろんそのことを他の兄弟たちにもきちんと説明しておかなければなりません。
とかくお金の話は人の気道をを簡単に変えてしまうほど恐ろしいものです。
遺産隠し?遺産独り占め?
など変な疑いを持たれてはいけませんからね
いや、笑いう話ではなく、まじで数百万円でどろどろの相続争いなんていうのは良くある話なんです。
親を施設に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です