教育費にどれくらいかける?

子供の教育費にどれくらいかけるかで子供の将来が変わってくると言われれば慌てて教育費を増やすであろう。

だけど、目的や夢があればどの位置にいても努力次第でどうにでもなるのも事実。果たしてどちらを取るべきかは親次第になる。

団塊の世代、その後期あたりの親を持つ子供はほとんどが苦労して初めてわかるし、そこからどうにかしたければ自分で乗り越えろ!の教育で育ってるものだからその子供にもどうしがちなのも否めない。だけど昨今の教育事情や情報の流通などを見ると子供の進むべき道に親が早くから介入する方がいいのではないかと思われる。

しかも場所によってかなり差があることも悲しい事実である。都会の環境は田舎に比べると格段の差があることにびっくりした。

幼稚園の時からお受験をさせて、小学受験、中学受験をする家庭の割合が都心の方が多いのは間違いない。

ならば、田舎でどうして差が生まれるのかと推測に過ぎないですがやはり地方でのんびり育っていると競争社会にわざわざ入る意味がないという感じがある。ですが、地方から大学など進学を都心に向かっていくと周りとのカルチャーショックを受けている子たちが多い。

塾の多さや私立の小学校や高校など選べる範囲が地方とはぜんぜん違う。特色や専攻も高校からあり子供の選択肢の幅が全然違う。これは選ぶ楽しさもあるし将来の選択肢も幅が広く取れて楽しいと思うし夢に向かって進むことが可能だと認識した。

コロナ渦でオンラインが生活すべてが主流になってきて子供たちの教育もオンラインが中心となってきた。そうなると都心のレベルの高い授業やレベルの高い講師陣に教わることが料金変わらず受けれるようになってくると地方の教育も数年後には格段にレベルアップしていると思う。そうなると地方と都会の教育の格差が少しは少なるなると思う。

子供たちが平等に選択肢の幅を持てる世界(教育世界)になってもらえると、もっともっと光る原石が地方からでも見つかると思う。家庭教師ファースト 不登校

りんごは、果物の中でも…

りんごは、果物の中でも、最も身近で馴染みの深いものではないかと思います。みかんと並ぶ親しみやすさです。ごはんの後、りんごを切ってくれて食べるというのが、私の子供の頃の日常でした。ふじと王林が定番でした。当たり前のように常備されていたりんご。でも親となった今、毎日は子供に食べさせてあげられていないなって思います。財政面の問題でです。当たり前のようにりんごがある家庭は、実は現代では少ないのかもしれません。りんごは決して安くはなく、贅沢品まではいかないかもしれないけど、やはり贅沢分野に入ると思います。
子供の頃、熱が出たときにも、やはりりんごが登場します。食欲がなくてごはんは食べれないぐらいの高熱のとき、親はとても優しくなります。りんごをすりおろしてくれるのです。すりおろしのりんごを絞ってジュースにしてくれる。あれは本当に美味しくて元気が出ます。今思ってもあれほどの贅沢はないですね。りんごは高熱の弱った身体にもとても優しいくだものです。吐き気などを引き起こしにくいと思います。風を引いたらりんご。これは私の中の当たり前で、これは我が子が発熱した時にはやってます。やはり子供は喜びます。
りんごはお弁当の果物たしてもやはり定番です。りんごの皮をウサギの耳に見立てて切るウサギのりんごは、私が子供の時にも定番で、今でも子供にもしてます。
りんごは、たくさんの果物があるなかで、たえず上位をキープしているすごい果物だと思います。高級すぎないから誰でも手に届く果物で、りんごを嫌いな人は少ない。多くの日本人に愛されている不動の地位に君臨し続けているし、これからもきっと続くんだと思います。
個人的にはりんごを果物として食べるのも好きですが、アップルパイなど加熱して加工したりんごも大好きです。生のりんごとは違った美味しさがあります。食感が柔らかく、濃縮された美味しさを感じます。アップルパイだけでなく、例えば火を通したりんごの入った菓子パンも美味しいです。シナモンとの相性も抜群です。
食べ方いろいろありますが、りんごは本当に私の人生の一部と言ってもいいぐらい、関わりの深い果物です。
青森りんご 格安

産後にできるラクチン美容

大切なわが子をこの世に誕生させるその日まで大切に守り抜いたお腹も、産んでしまえばしぼんだ風船のよう。

ぴちぴちのこどもと違い産後疲れが目に見える澱んだ肌。

24時間体制の育児の中でボロボロになった体、子育てに追われ自由な時間もままならない中で取り入れたのがラクチン美容です。

あえて自分の美容の為に時間を作らなくても、日常生活の中で出来ればこんな楽なことはないですよね。

育児は疲れるので、できることからやるのがベストです。

まずは食事、母乳を与えるママでもミルクのママでも大切なのは食事なのです。

何も手の込んだものを作る必要などありません。育児でそれどころではないと思うので。

たとえお惣菜の煮物でもコンビニのサラダでも良いのです。

ベッドやバウンサーで眠っていなくても、母乳やミルクを飲み安心して眠るわが子を抱きながらでも、レンジでチンして簡単に食べられます。

美味しい食べ物を美味しいと思って食べればそれだけで心が満たされます。

ストレスをためないよう美味しいものを食べるのも大事です。

偏りがなくバランスの取れた食事が理想ですが、しっかりと食事をとり美味しさをかみ締めれば良いのです。

おやつだって食べ過ぎなければ、問題ありません。

息抜きになるなら上手におやつをとりましょう。

まずは健康第一、体の栄養とともに心の栄養を摂りましょう。

そして最大の問題は緩んだ体。

ジムに行く時間もなければ運動なんてもってのほかですよね。

なるべく、家で簡単に痩せるのが時間もお金もかかりません。

そんな時こそこどもと一緒にラクチン運動です。

小さなこどもは母親とのスキンシップが何より大事。

だからこそ一緒に行ないます。

抱っこしながら上半身をひねったりスクワットをしたり、寝転がりながら足を上げたりと自分のペースでやれば良いのです。

こどもからしても遊んでもらっているので嫌がりません。

産後体力の回復をみつつ無理のない範囲で行えば、自然と引き締まっていくはずです。
産後ダイエット 体験談

アフィリエイトが学べるささみサロン

ささみサロンをご存知ですか? YouTubeのペラサイト解説で有名なトップアフィリエイターのささみりんさんさんが運営するアフィリエイトオンラインサロンです。 アフィリエイトオンラインサロンとは、アフィリエイトの基本からペラサイト、小規模サイト、コンテンツSEO、ブログなどを体型的に学ぶことが出来る学びのばです。 アフィリエイトを教えるサロンはたくさんありますが、粗悪なサロンが多く、高い入会金や、高額な追加料金を請求されることもあるので気をつけましょう。 ささみサロンは至って真面目なオンラインサロンで、毎週末に開かれるオンラインセミナーは、いつも大人気です。 初心者の質問を、丁寧に答えてくれます。 ささみサロンは、3つのサイト構成で運営されているのですが、この3つのサイトが素晴らしいですね。 初心者向けのEラーニングでは、全くの素人が一からアフィリエイトを学べるサイトでなおかつ、ささみサロン全体のナビゲーションサイトを兼ねています。 登録情報や進捗状況などさまざまな情報を見ることが出来ます。 つづいて、2つ目のサイトは、ささみりんさんの全てのノウハウが管理されているアトリエサイト!ささみりんさんの10年間のアフィリエイトノウハウが全て公開されています。 ささみサロンのノウハウは現在コンテンツ800本以上、動画コンテンツは250本以上あります。 このコンテンツを消化するには半年はかかると思います。 そして最後は初心者が、24時間質問できるクローズドSNSです。 多くの七桁アフィリエイターが在籍し、あなたの質問に答えてくれます。 ささみサロンでは体型的にアフィリエイトが学べるだけではなく、フロービジネスからの脱却方法が学べます。 具体的にはストックビジネスを学んでいくのですが、アフィリエイトを実践しながら、自分自身のコミュニティを構築していくことが目的となります。 コミュニティを構築する事は非常に難しく、それなりの経験と知識が必要です。 ささみサロンが、気になる方は ささみサロン内容をご覧ください。
ささみサロン内容